アヒムサー

ピロリ菌退治 その1

time 2019/07/04

ピロリ菌退治 その1

十二指腸潰瘍を患ったポストをしましたが、その時に問答無用でピロリ菌の検査もされました。
結果は通常のスコアの3倍。 医者にウヨウヨいるねって言われちゃいました。

sponsored link

ピロリ菌とは

ピロリ菌に感染したからといって、潰瘍や胃癌が必ず発症するわけではありません。しかし、感染したほとんどの人に胃炎がおこります。除菌しない限り、ピロリ菌は胃の中にすみ続け慢性的炎症が続き、胃の粘膜を防御する力が弱まり、ストレスや塩分の多い食事、発癌物質などの攻撃を受けやすい無防備な状態となります。保険診療で治療できる疾患もありますので医師にご相談ください。

※大塚製薬HPより。

ピロリ菌がいると

胃内部の環境がピロリ菌の出す毒素により悪化し、それにストレスなどの環境因子が加わると以下のような疾患が現れやすくなります。

  • 胃炎、慢性と急性があり前者はピロリ菌が関与。後者はアルコールやスパイスなど刺激物による。
  • 胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染の毒素によって胃壁が酸の影響を受け弱まった結果、胃や十二指腸の粘膜が傷ついて口内炎のような状態になる。
  • 胃がん、遺伝も含めて喫煙や食生活など、生活習慣に左右されるが、ピロリ菌によってリスクは高まる。
  • その他の病気、胃MALTリンパ腫・免疫性(特発性)血小板減少性(ITP)なども。



ピロリ除菌

このように胃の健康状態にとってはいない方が良いピロリ菌。 見付かると除菌という流れになります。
除菌はもっぱら、抗生物質によるもので、一度でダメなら、二度で、二度でダメなら、三度でと段々くすりの内容も強烈になっていくようですので、初回できっちり除菌をするのが大切になってきます。
初回の除菌成功率が75%。 低くはないですが、25%の人は失敗する、、これはちょっと微妙ですね。

そこで、強力な助っ人に登場して貰います。

胃で働く乳酸菌、LG21

乳酸菌といえども胃の中の強い酸にさらされれば、だいたい死んでしまうようです。そこで酸に極めて強い乳酸菌探しから始まり、2,500種類以上の乳酸菌を一つ一つ試験管で検証していった末に見付かった、スーパーエリートがLG21です。 理想の菌を探し始めて、なんと2年も経過してようやっと見付けたそうです。
それ故、「21世紀への希望」という意味をこめての「LG21」。

このLG21こそピロリ菌の天敵であり、医師からの処方薬との併用で、飛躍的に除菌率が高まるようです。

LG21は高い

ただLG21は値が張ります。 毎日、2個食べることが推奨され、除菌+検査までの期間は足すと5週間ほど。 その間、毎日2個ですと、@129_x2で一日¥258_。
5週間で¥9,030_。 これはちょっと高いですから、出来ればLG21をコピーしたいという野望が芽生えてきます。

※ふつうの菌と違うのは分かるが、決して安くない。

ところがこのLG21は複製できないというのが通説となっています。
理由は、培養中に空気に触れてはいけない嫌気性の菌であるからということですが、これがメーカーの詭弁なのか、真実なのかは分かりません。

ところが、ヤフー知恵袋に、

LG21を複製し、それだけで除菌に成功した。

という記述を見付けました。 これには胸が熱くなり、是非とも私自身で検証したかったのですが、すっかりヨーグルトのみの除菌は無理という先入観に染まり、残念ながら抗菌薬+コピーしたLG21を毎日2回食べるという作戦で除菌も既に後半戦に入っておりました。




除菌結果

そのまま与えられた薬を呑み切り、更にLG21(コピー)を毎日2回食べておりました。 薬が終わった後も検査の日まで4週間のブランクがありますから、LG21は日に2回継続します。

そして、呼気による検査となりました。この試験では呼気中の尿素が2.5%以下ならば陰性で除菌完了とされます。

その時初めて、陰性といえども多少は残ることと、一度除菌に成功すると再度陽性になることは非常に稀であることを知りました。

さて、気になる私のスコアですが、、、、なんと0.0%!  そんなことがあるのか!!

医者に完璧だね!と褒められちゃいました♪

さて、LG21はどこまで効いたのでしょうか?

次回、LG21の複製に迫ります。

sponsored link

« »

down

コメントする




レストラン

アヒムサーについて

アヒムサー

アヒムサー

アヒンサーと読んでください。ヨーガの専門用語で非暴力を意味します。暴力や無益な殺生を止めましょうという話を展開してまいります。 ベジタリアンのお役立ち情報や、旅行記なども合わせて紹介していきます。