アヒムサー

Mac miniのテコ入れ、デュアルドライブに

time 2019/10/31

Mac miniのテコ入れ、デュアルドライブに

ちょっと前にやった、iMacに続いてMac miniもテコ入れ。
2011 & 2012年モデル共通の備忘録。

sponsored link

完成図

Mac mini (Mid 2011)Mac mini (Mid 2011)の吊るしは、メモリ2〜8GB、HDD500GBと貧弱だが、メモリは最大16GBまで積め、更に使っていないベイが在るため、ストレージをもう一台搭載できる設計になっている。
この時代のMacはHDDをSSDに変えるだけで、一気に現行モデルとの差を埋めてしまうようなポテンシャルを秘めていて、弄ってくださいよ〜っとminiから声が漏れてくるようであった。

そこで、手持ちのパーツと新規パーツを組み合わせて、高速、大容量を安上がりに実現。

仕上がったそれは、私のメイン機となってしまった。 そもそもメインで使っていたのはMacBookAir2017だったのだが、こちらはメモリ直付けで8GB以上は積みようがなく、スワップにはイライラしていたところ、ずっと型落ちで安物のminiをメルカリで発見。

それをテコ入れすることで、miniの三倍の価格でAirを手放せたのは嬉しかった。

完成した構成

メモリ16GB、起動ドライブSSD128GB、データドライブHDD500GB。
このスペックならなんらストレスなくPhotoShopなどもサクサク動いてくれる。 今回流用したパーツはSSDだが、今はそれが信じられないくらいの値段になっている。
空いているベイに二機目のストレージを搭載したわけだが、手持ちのSSDが無かったら、最初から大容量のSSDを買う方がずっと楽そうだ。

しかし今回はなまじ余っているパーツがあった為、新規に用意したのはまずケーブル。


安価だし、これがないと始まらない。
通常、miniの上段ベイが空きになっていて、アップルは下段ベイにストレージをセットして出荷しているようだ。念の為、システムレポートのSATAからベイ名を確認しておくことをオススメするが十中八九は下段なので、あまり迷うことはないが、上段と下段の両方が入ったセットも存在する。 下段のみは見当たらなかった。

次にメモリ。

これがまた安い。 SSDにしろメモリにしろ、こうしてどんどん廉価になっていく傾向があるから、なるべく自分で交換できる設計のMacなりを買っておくと長く使えて嬉しい。

なにしろ、8年前のモデルすら現行品と遜色ない体感になってしまうのだから大切なところだと思う。
さて、本来ならば1333MHzのDDR3メモリがデフォルトだが、一つ上のクロックである1600MHzでも問題なく認識できるのが確認されている。大差ないが現状1600MHzの方が値段が安いし、これにより2%ほど転送速度が上がるというからこっちが吉。

バラしていく

Mac mini (Mid 2011)バラしこれ迄も、Mac mini、MacBookPro、iMacと改造をしてきたが、バラしてみて一番楽しめるのはMac mini。

お弁当箱程度のサイズに2階建て構造で場所もとらずiMacのように重たくない。
MacBookProは使っているネジの種類が多すぎてナメやすく細いケーブルの長さもギリギリの設計で、気が全く抜けないところがあって、あまり突っ込んだ部分は緊張する。

また、今回はこの動画のおかげで非常にスムーズに作業できたので感謝。

一気にバラしたが何も難しいことはないし、それほど繊細な部位もなくやりやすい。内部は地下と地上の街のように設計されていてデザインの美しさに唸ってしまう。

上段ケーブル

これが今回買った上段ケーブルと付属品。 ドライバなどは何も用意しなくても良いし、この青いヘラが作業を格段にやりやすくしてくれる。

それなりに写真を撮りつつ作業したものの、細かい作業に関しては上の動画を視てもらうことにかなわないので、要点だけ上げると、下段だけなら本当に気軽に作業出来るので、上段ベイには交換の可能性の低い方のドライブをセットしてしまうほうが良い。


検証

elcapitanバラした逆の手順で組み上げて、動作の検証をする。メモリはきっちり16GBかつ1600MHzで認識されている。

性能的には充分なのだが、この年代のMacにインストールできるmacOSはHigh Sierraまで。

ここでは使用ソフトの都合上、El Capitanをいれたが物凄く安定している。

ストレージ

ストレージ。 ちゃんとデュアルで認識。 だが、思ったよりもSSD側が軽く、HDD側が重い。 上段と下段の構成を逆にしておけば良かったと後悔。。



ベンチマーク

ベンチマークお約束のベンチマーク、SATA Ⅲの速度が出てる。

現行のMacに搭載されているSSDはこれの倍以上の速さを誇るが、正直その差は体感できたり、できなかったりで、大切なのはSSDであるかどうかとメモリに余裕があるかだけ。

実際、このminiの前に使っていたMacBookAirは更に高速なSSDを搭載していたものの、メモリ容量が8GBしかなく起動だけ速くて、使っている間はもっさりという残念なものだった。

この安物miniに変更して本当に良かった。

2011 & 2012モデルは名機だとおもう、のろまな型落ちが半日でスピード違反に、やってよかった。

sponsored link

« »

down

コメントする




レストラン

アヒムサーについて

アヒムサー

アヒムサー

アヒンサーと読んでください。ヨーガの専門用語で非暴力を意味します。暴力や無益な殺生を止めましょうという話を展開してまいります。 ベジタリアンのお役立ち情報や、旅行記なども合わせて紹介していきます。