アヒムサー

白米でも玄米の良さを 玄米の苦手な人に 

time 2019/09/25

白米でも玄米の良さを 玄米の苦手な人に 

sponsored link

口当たりはよいが

玄米は文句なしに健康に良いものですが、どうしても苦手な人も多いようです。
白米ごはんは、美味しく確かに食べやすさはあるでしょう。

そこで、白米だけの悪さを軽減し、玄米の良さも出すように工夫してみます。

白米が犠牲にしているもの

以下、白米を1とした場合。

食物繊維6倍
カリウム3.3倍
カルシウム2.3倍
マグネシウム7倍
6倍
ナイアシン14倍
葉酸3.3倍
パントテン酸2.6倍

これに加えて玄米にはフィチン酸という非常に強力な解毒作用があります。
対して白米に残るのは糖質と脂質ばっかり。

更にお煎餅や餅などはそこに塩分が加わり、栄養価的に逃げ場すらありません。


白米を中和する

上記のように、米を白くすると書いて粕と読まれるのも仕方ないところですが、単純に精米で処理してしまった部分に相当するもの補って食べれば、それなりに効果が期待でき白米の良さと玄米の栄養を両立できるものです。

※残念、何故か画像の取得がうまくいかず、、。

そこで、まずはリブレフラワー。
これは玄米の糠を微細に粉砕し、ローストしたもの。その過程で残留農薬などは飛んでしまうようです。
そういう意味では、玄米をそのまま食べるよりも安全でキレイな面もあります。
ビタミン、食物繊維など40種類以上の栄養素がそのまま含まれ、料理の隠し味やお菓子に混ぜてヘルシーに、また離乳食や介護食としても利用できとのこと。

ビール酵母

ビール酵母は正に白米の逆で栄養の塊。

天然素材で作られ、消化不良、食欲不振など胃腸の働きを改善しつつ、ビタミンB群やミネラル、各種アミノ酸の補給になり、非常に吸収も良いため、ヴェジタリアンで常備している方も多いと思います。

ビール酵母製品にも色々あって、有名どころでは強力わかもとかエビオス。

両方、かなり食べ?比べてみましたが、私は断然わかもと派

わかもとの成分

※わかもと公式より。

単純に味が良く口中での溶け方がスムーズ。

エビオスはどうも歯にくっついてしまい、ちょっと始末が悪いのと一日の必要量が30粒であり、27粒のわかもとの方が馴染み安かったのもあります。

しかし、エビオスは精力を強めたい男性に熱狂的な支持を受けていますが、内容はわかもとも変わらないと思いますよ^_^


わかもとには非常に優れた、消化酵素と乳酸菌が配合されており、過食の人、拒食の人どちらも問わずいい状態に導く力があります。

逸話も多く、歯磨き後にわかもとを口の中で転がして歯周病を治してしまった話、プロテインのなかった時代の昔のボディビルダーがアミノ酸豊富なわかもとで筋肉をつけた話などなど。

私も以前、九份(台湾)で96歳の老僧のお話を拝聴した折、老僧の机の上にあった強力わかもとが気になって仕方ありませんでした(笑)

もともと、戦後の貧しさの中にあって効率的に栄養を摂る手段として開発された誕生秘話があり、エビオスは1年後発の製品になります。

錠剤のビール酵母は無駄のない栄養の塊。 保存も効くし嵩張らないので、災害時の体力維持にも持ってこいだと思っています。

これこそホントのカロリーメイトでしょう。

粉末ビール酵母

炊きあがった白米に適量まぶしたり、一緒に炊いたりすれば白米だけども弱点が大幅に消えた状態になるでしょう。

粉末タイプは値段が安いのでおすすめです。

とても使い出があり、粉末のビール酵母はあらゆるものの代替に成り得ます。
たとえば、

  • 料理の隠し味やドレッシングに
  • 犬猫のエサにプラスして健康維持に
  • 植木、ハーブの肥料、土壌改良に
  • メダカや熱帯魚のエサにもなる
土壌改良と書きましたが、人間の腹は肚でまさしく人体の土壌であり、腸内環境の改善が全身を健やかに保つ秘訣そのものでしょう。




ニュートリショナルイースト

海外ではビール酵母よりも、ニュートリショナルイーストの方が通りがよいかも知れません。

内容はビール酵母に近く、サトウキビとビートを原料とし、糖蜜を培養・発酵させて作った酵母ですが、ビール酵母とはまた味わいが違います。

コーンとチーズを合わせたような風味があり、ヴィーガンの人達がパスタなどにチーズの代替として使うのが定番です。

KAL, ニュートリショナルイースト

こちらは、私の愛用品ですが、注目すべき点があります。
ヴェジタリアン、ヴィーガンを真面目にやっていてどうしても摂れないのがビタミンB12

巷では、

海苔、スピルリナ、クロレラ、ビール酵母

などに、
ビタミンB12が含有されているという説がまかり通っていますが、これは厳密には誤りです。

これらのビタミンB12は類似体であって、英語圏ではアナログとして扱われ、ビタミンB12にすごく似ているものになります。

実際に体内においてビタミンB12に望むべく神経系の修復などの働きは、残念ながら期待できません。
それどころか、阻害してしまうという説があり、ビタミンB12を摂っているつもりで欠乏していたでは悲しいので注意が必要です。

そこで、何が注目かといいますと、ビタミンB12を含めた栄養素がFORTIFIED(強化)されております。

サプリメントとしての役割を併せ持ったもので、ビタミンB12の意識の高い製品なので安心です。

以上、白米を中和するいくつかの方法ですが、精白したものには中毒性すらあるといいます。

ほんの少し、工夫されるだけで見違えるほど健康的に変化しますので、玄米に抵抗のある方も白米が恋しい方も糠や酵母は健康維持には大いに貢献してくれるはずです。

sponsored link

« »

down

コメントする




レストラン

アヒムサーについて

アヒムサー

アヒムサー

アヒンサーと読んでください。ヨーガの専門用語で非暴力を意味します。暴力や無益な殺生を止めましょうという話を展開してまいります。 ベジタリアンのお役立ち情報や、旅行記なども合わせて紹介していきます。